-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-05 16:44 | カテゴリ:雑誌・書籍

 つい先日までは、Stevie「Stay Gold」を無性に聴きたくなって......
と言ってたんだけれど
今はMariah「I'll be there」に。。
CDを引っ張り出して聴いてる。
懐古モードか・・
あらためて聴きなおすとまたいいのよ~

 樹里ちゃんブームなので、過去作品を見まくろう!ということで、ここ数日の間で
『のだめ』を一気見しました。
ええ、今更なの。
最高!のだめちゃんと愉快な仲間達!!(笑) 

なんで当時はリアルで見なかったんだろう。
ますます樹里ちゃんに夢中(笑) やっぱ私の眼は正しかったんだわ(何様)

 夏の甲子園、熱狂開催中
熱戦見てるよーん。
キャッチフレーズの『この一球に、かける夏』
いいねぇ、これ!
いやーん青春じゃねーか。
やはり全国大会。地方大会を勝ち抜いてきた代表校たち。
簡単にはいかないですね。一勝の重みというのを感じていますわ。一勝するのがどれだけ難しいことなのか・・・
惜しくも敗れた選手達も、“何か”を収穫できたはずだと思います。
まだまだ始まったばかり。私の夏もまだまだ終わりませんよ(笑)


最近、付録付きの雑誌が増えてるね。
袋とじになってるから立ち読みできーん。(←大声で言えることじゃなかろう (-_- )
滅多に買うことないんだよね。
型にはまるのが苦手というのもあるし、ただ単純に「重たい」って理由も。(笑)
昔はよく買ったよ。毎月買ってた。色んな種類の雑誌を。あの頃は若かった(笑)

立ち読みですませてた昨今ですけど、どうしても読みたくて買いました。
綴じてあるから読めないし(←こら)

Spring』です。
『Spring』も以前は付録がなかったから、立ち読みし放題だったんですよ。これ系好きなの。
今回は秋物&コスメ情報が気になりまして。
表紙がアムロちゃんだよ~!もう教祖でした(爆)今もファンです♪
こう見えても(意味不明)、ライブに足を運んでるんですよ。
spring (クリックすると少し大きくなります)

マリン風のボーダーのトートバッグは付録です。それも「ドレステリア」の(*゚ー゚*) 
ボーダー好きだし、これはランチバッグとして重宝しそう。“ちょっとそこまで”の買い物にも使えるわ。
でもね、臭い!!めっちゃ化学の実験!?臭い→ 開封した瞬間吐きそうになりました。だから今外で干してます。
しょうがないね…
付録ついて500円って安いもん。 

トートバッグのお話をしてたから、ついでにマイバッグの話もしちゃおっと。
マイバッグ持ってます。ポイント貯めるために(笑)、けっこう前にマイバッグ買いました。
エコ?マイバッグ?という名のものは、まだ2個しか持ってないけれど。
eco_bag (クリックすると少し大きくなります)

基本、シンプルなものが好きです。ナチュラルで(笑)
奥に写ってるものは、アフタヌーンティーのものです。これが相当デカイ(笑) よく入るのよ。
手前のがディーン&デルーカのもの。これはコットン生地。クオリティ高い。
両方、カフェも好きなもので^^;

今、どのショップに行ってもエコバッグ売ってるね。 折り畳めるものが、次欲しいなって。。
好きなバッグを持ってると、買い物に行くのが楽しくなりまーす。
スポンサーサイト
2006-09-14 19:46 | カテゴリ:雑誌・書籍
涼しくなってきました。肌で感じる今日この頃。
秋物を偵察しにぶらりとおでかけ。
百貨店に立ち寄り、
婦人靴売り場をウロウロ、婦人服売り場もウロウロ、雑貨店もウロウロ、お決まりの化粧品カウンターをブラブラ、更に予定もないのに旅行会社でパンフをもらう・・・。
そして何も考えずにひとりでカフェに入りブラックのコーヒーをいただく。
なんてことのない日常だが、自分にとってはそれがリラックスできる時間だったりもする。
けっこうひとりが好きなんですよ。友達とバカ騒ぎするのも大好きなんだけどね。
なぜか涼しくなってくると感傷的になる私(笑)

最近深夜のネットは控えている。例え起きていてもね。寝る直前までネットしていると 興奮して寝れない わけ(苦笑)。ジョニーがあーだこーだ・・・と深夜までネット徘徊してりゃー興奮するのも無理はないけれど。
それともう一つ。視力が落ちてきつつあるから。私は裸眼なんだけど、この年齢では珍しく(?)視力が2.0と1.5である(爆)。
それが1.2と段々下がってきてるのよね。 たまに目が眩んだりするのでこのままではヤバイと思い始めてのこと。
じゃ、何をやってるのか。ひたすらフィギュア鑑賞(意味がない 笑)。見ながら毛抜きとかw 
読書もしているんだけど、読んでた本が終わったので前々から気になっていた本を購入。
プラダを着た悪魔 」と「 炎のごとく―写真家ダイアン・アーバス 」の2冊。
いずれも映画化されている原作本。
前者はメリル・ストリープ&アン・ハサウェイ共演。11月日本公開。(ジョニーがお気に入りの映画でもある)
後者はニコール・キッドマン&ロバート・ダウニー・Jr共演。(過去に記事にしたことがあります
206年公開となっているけれど、詳細は未だに発表されない。全米では11月公開という噂。


プラダを着た悪魔 プラダを着た悪魔
ローレン・ワイズバーガー (2003/12/19)
早川書房

この商品の詳細を見る

炎のごとく―写真家ダイアン・アーバス 炎のごとく―写真家ダイアン・アーバス
パトリシア ボズワース (1990/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る



話が現実的になるのだが、昨夜からキーボードの調子が 急に よくなったみたいで
今普通にタイピングできている。あれだけS連打だったにも関わらず、なぜ??不気味~((((( ;゚Д゚))))
2006-05-29 22:36 | カテゴリ:雑誌・書籍
やっと読み終わりました。
ちょびちょび読んでいたんだけど、残り1/3は一気に読みました。
というか涙が…
読む前に「号泣した!」とか「ハンカチが手放せなかった!」などと紹介されていたので、天邪鬼な私は泣くもんか~なんて思っていたけれど見事に泣かされた。
去年亡くなった祖父のことをリアルに思い出しちゃった箇所もあるので、余計に泣けたのかもしれない。
前半は著者の子どもの頃の微笑ましいエピソードでページを捲る度に笑っていたのだが、後半はじわじわとこみ上げてくるものがあった。
オカンが温かくていいんですよ。オカンの人柄が良いのでいつも周りは愛に包まれている。
あれだけ息子の友達にまで愛されるオカンってそうそう居ないですよね。いいな~人が訪ねて来る家庭って…。
自分を犠牲にしてまで息子のために尽くすオカン。慈愛に満ちていますね。
また息子もオカンに対する尊敬の念を抱いているのが見てとれたし、何よりオカンのことを想っていた様子が伺える。
オトンはオトンでへんてこりんな人物なんだけど憎めなかったりする。最後にあんなことを言うなんて心憎い。
母と息子って特別なものがあると思う。母娘よりね。。
是非男性に読んでほしい。敬遠されてきた“マザコン”についても、これを読んだら考え方が変わるのではないだろうか。

身近に家族という存在が常にあって、みんな愛に包まれて生きているんだということ。
忘れかけていた何かを思い出させてくれた。
今ある幸せを感じながら日々歩んでいこうと思いました。
そう!決して驕ることなく!ね。。。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (2005/06/28)
扶桑社

この商品の詳細を見る


スタバでの読書タイムでした。
そこで食べた【ニューヨークチーズケーキ(@400)】が最高に美味しかった~
2006-05-18 21:19 | カテゴリ:雑誌・書籍
読みかけの本があるというのに本屋へふらっと。。
で、買ったのはこれ。
AERA English

AERA English

(私の)ガラじゃない…はいそうですね(苦笑)

なぜ買ったのか?
海外サイトを見ることが多いんです私。
言わずもがな Johnny Weirの公式サイト、サブ公式サイトなどなどですが。
それから映画のサイトも見ることが多いのだが、如何せん読めないので理解できない…
なんとなくニュアンスで通ずるところはあるけれど。
翻訳サイトにかけたら無茶苦茶な訳だし il||li _| ̄|○ il||li
英語できる人羨ましー!!なんて終わるの悔しいし(笑)
意気込みだけは人一倍だけど、次へのステップに上がれない自分。情けない…。
10代の頃ワーホリに物凄く憧れていたのに断念した経験が・・。色々と本を買い漁ってワーホリを斡旋している会社にも相談に行ったのだけど。
いきなり英会話教室なんて全く持って無謀な話(私にはね)。
どうしようかなーなんて思ってた所に、これまた崇拝(笑)するシャーリーズ・セロンが目に入ったので即買い(汗)
少しずつ読んでみよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。