-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-17 18:56 | カテゴリ:音楽
ジャンル:音楽 テーマ:クラシック
下の記事の続きになりますが。

NHK芸術劇場の特集第二弾(公演コーナー)で
『ベルリン・フィルのピクニック・コンサート2005』
の模様を放送していました。

ピクニックコンサートとは、その名の通り野外広場に設けられた会場で、
お客さんがシートを轢いて寝転んだり、お弁当を食べながら聴けるコンサートだそうです。
ポイントは 夕暮れ時 です。すごくロマンチックでした。

こういう風に気軽にクラシックを愉しむことが出来るなんてすごくいいと思う。
クラシックコンサートって敷居が高いという先入観(例:着飾っていくとかetc)があるんだけど、こんな企画が日本にもあればいいなと思った。
カップルが寄り添いながら聴いていたり、ファミリーで愉しんでいたり…と、
羨ましい光景だった。
夕暮れ時 だから余計に!
だってオケは一流ですよ。クラシックですよ。
な~んてなんでしょう!!


曲目
・序曲「ローマの謝肉祭」作品9(ベルリオーズ)
・牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)
・交響詩「魔法使いの弟子」(デュカス)
・2台のピアノと管弦楽のための協奏曲(プーランク)
・組曲「動物の謝肉祭」(サン・サーンス)
・ボレロ(ラヴェル)
・「ダフニスとクロエ」組曲第2番から『全員の踊り』(ラヴェル)
・ベルリンの風(パウル・リンケ)  


サン・サーンスの「動物の謝肉祭」聴けてよかった~~.:*:(*´ー`*人):*:.ウットリ
もちろん組曲ですから白鳥も聴けました
(※白鳥は、、ハイ!Johnnyの瀕死の白鳥でぇ~す^^)

秘密

トラックバックURL
→http://gracefully.blog33.fc2.com/tb.php/123-c02fa299
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。