-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-14 23:21 | カテゴリ:Johnny WEIR
きょうはなんのひ?その②

ピンときたあなたは真の○○ファンです(謎)。

昨年の2月といえば、トリノオリンピック真っ最中で、連日熱戦が繰り広げられていました。
ほぼ寝ずの(TV)観戦→仕事...と、ようやってたわ...(トオイメ)



2006年2月14日。
…そう。
昨年の今日は、男子シングルのショートプログラムが開催された日。
情熱の火花が散ってたあの日(笑)。

というわけで、ジョニーの白鳥(The Swan)を鑑賞いたしました

ここで横道に逸らさせていただきます↓
日本のバレンタインは女性から男性にチョコと一緒に愛を告白する日ですが、外国はその逆が多いようですね。まあ文化によって多少異なるようですが。
なので、勝手にジョニーからのバレンタインっていうことで、この白鳥をプレゼントにいただいたということにしています(って意味わかる?/爆)。
プレゼントでもなんでもない、自分が録画した映像だけど、気持ちだけでもいいでしょー!
それにさ、昨日ジョニーのジャーナルが更新されたでしょ。私だけかもしれないですが、読んでいて、逆に励まされたような気持ちになりました。あれもひと足早いジョニーからのプレゼントっつうことで、勝手に解釈しております(壊)。

もうあの日から一年経つのね。まだ一年?!@@;という感じ。
瞬く間に情熱の炎が燃え上がり、ジョニー漬けの日々が始まった。

語りだすと長くなるので割合しますが・・・

今日はジョニーの虜になった当時(初期)の頃を思い出し、
初心の気持ちに帰ることが出来た。

ただ純粋にジョニーのスケートが好きだったという気持ちが、月日の経過とともに、欲がでてくる。人の気持ちも段々と変化していき、時折、自分を見失ってしまいがちにもなった。

私はジョニーがすべてだった。
でもジョニーからしてみれば、彼は私の人生とはなんら関わりがない人なんだよね。私のためにスケートという競技をやっているわけでは、当然、ない。(寂しいけど/本音^^;)

トップアスリートの心情など、私には計り知れない。

相手にばっかり多くの望みをぶつけ、それが叶わなければ、あれこれ物申すという件。
(↑これ私のこと)

反省。

ただ応援することしかできないけど、
ジョニーを純粋に好きになった、あの頃を、忘れないで
これからも見守っていこうと思った。
無力ですが、ジョニーを応援する気持ちは誰にも負けないと思っています。こういう気持ちを持っているファンが集まれば、とんでもないパワーとなって、ジョニーに届くと信じております。

耐えることも必要ですから。
これもファンの宿命とでもいうのでしょうか。

アスリートのファンになってしまったのです。そりゃイバラの道です。その宿命を背負ってでも、応援しぬくこと、これが微力ながらできることです。

一方当の本人も基本はアスリート という肩書きを忘れることなく、その時を迎えるまでは、頑張って欲しいと思う。


『初心忘るべからず』

身に沁みてわかります。

あらら....ま~た長文になってしまったよ。トホホ...
どうやったら短くまとめられるの?
ジョニネタになるとどうもだめ...語り口調になるし^^;


せっかくのバレンタインだもの。
ハッピーに過ごさなきゃ、意味がない。

そしてマイウェイを見るんだ(´;ω;`)
わたしはわたし。


I will be me,

and I will be back.......


ごうきゅう・゚・(ToT)・゚・



最後に。
改めるところはありますが、一喜一憂しないことなんて、私の構造上、到底無理ですので、これからもこれ(地で行く)でいきます。
熱くいきましょ。
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。