-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-27 20:31 | カテゴリ:フィギュアスケート
ハァ........終わっちゃいました。
夢のようなひと時は すぐに終わってしまうよね。しょぼーん。
その夢心地な気分から 現実に引き戻されるというこの瞬間が とてつもなくさみしいのです。(←いつもの病気(-.-;))

6月24日の最終公演の2公演を観てきました。
昼公演はS席、千秋楽はSS席、いずれも東側でした。
やっぱりスケーターとひとつになるのなら...スケーターを観察するのなら...
かぶりつきな席が絶対いいわ!と実感した千秋楽公演直前でした^^;

レポというレポじゃなく、ダラダラ書きということでよろしゅう。
詳細に知りたいという方は、他ブロガーさん宅でお願いします(^^)
丁寧にレポしてくださったり、終了後にすぐにUPされてる方を見かけまして 素晴らしいなって思いました。

・・・私ですか?
別府イン前夜のバドミントン2時間やったことが響いてしまい、昨日は筋肉痛に泣かされておりました。昨日は仕事にならなかった; 右手(利き手)があがらない(爆)ヒップの筋肉は痛いわで…。
翌々日に痛みが出てくるってこれって、やっぱあれですか?(笑)


最高に楽しかったーーーー\^o^/
もぉ本当に楽しかった~~~~!!!!
盛り上がったぞーーーーーべっぷ!!!


観客を楽しませようとする心くばりがよーく感じられて さすが『世界最高峰のアイスショー』だわねと(笑)実感。
オープニングからフィナーレこだわりの構成。
なによりスケーター自身が楽しそうで、ノリノリで、終始笑みが絶えなかったことがとてもうれしい。
マキシムのキャラ最高!!ありゃ悪ガキというかヤンチャというか…(笑)ひょうきんかと思えば、真剣な表情でアルベナさんをリフトしてみたり…。ステファンをイジってみたり、ボナリーさんと和んでみたり、れなちゃんと何やらお話してたりだとか…。ウォッチしてて飽きない。サービス精神旺盛で愛想いい兄ちゃんというのは前から知っていたけれど、こんなにもちょこまかちょこまか動くとは.... 色っぽいとエロイをMIXして『エロっぽい(そのまんま/爆)』マキシムをこーんなに近くで見られてしあわせ
アルベナさんとマキシム。あーんど れなちゃんず。この二組は長年築き上げてきた『愛』がひしひしと伝わってきた。うん、入るスペースなし!(笑)なんていうのかな…妬けるとか、そういう類の心理じゃなくて、見ているこちらまでがふんわりと温かい気持ちにさせられる感じ。愛に包まれるという、そんな感じです。
だからその二組のカップルを見ていると涙が出そうになる。昨日も実はそうだったんだけど、上を見たり下を見たりきょどりながら、ぐっと堪えました。泣いてたら例のことでかな…と余計なご心配をかけることになるし。(って、こんな話はいらないわね/笑)

印象に残ったとこだけ書いてみる。

【オープニング】
独特なお香の香りが会場に広がり、COIマジックに私もかかる。
チョコレート、一輪の薔薇、シャンパンのサービスがあった。これはSS席の特権ですね♪へぇーこんな粋な計らいがあるんだとちょっと感動。(もらってないけど/笑)
エアリアルのサンチェス君のパフォーマンス。天井から吊り下げられた2本の真紅な布を使って人間業とは思えない空中バレエを魅せてくれた。
そうそう。生歌!生演奏♪でした。今回のCOIのテーマは「ムーランルージュ」。ムーランルージュだよムーランルージュ!興奮したよもう。
東側を正面に見て向かって左側のショートサイドに設置されていた特設ステージで、このCOIのコリオグラファーであるアントニオ・ナハロさんのフラメンコが始まる。
濃いー!!さすがスパニッシュなお方だけあるわ。と思いつつ、ナハロさんのフラメンコな世界にハマるハマる...

で。
ステファン様と呼ばせていただこうかしら...。
案の定やられました。ロミジュリで!!
ラストの白い薔薇を胸に抱えてグデ~ン(なんじゃそりゃ)と溺れる姿、哀しい末路なのでしょうかね。そのポーズとステファン様の何ともいえないあの表情がたまらなかった。固まっちゃいました、私。
ロミジュリ、とっても美しくも哀しいプロだと思います。ステファン素晴らしいと思いました。くそー。在り来たりの言葉でしか表現できない自分に苛立つ! 
フラメンコも鳥肌が立つっていうのでしょうか…。もう音楽聴いただけであのワールドの光景が甦ってくるわけですよ!!!
夜公演は真ん前で見られたせいもあって、ステファン様の表情もスケーティングもかぶりつきで見られたわけですが、更にスケーティングうまくなってませんか?彼の表現力もここまできたか!という感じ。
ふわぁ~(浮遊中)
演技している時のあの真摯な雰囲気と熱い眼差し。この目力が鋭くなってて勇ましい。余談ですが、しーちゃんも強くなってた。<視線
ところが一歩演技を離れると、くしゃくしゃの笑顔!これ反則だって(爆)やられちゃうよーそのギャップに!!

ぜーんぶよかったんですが、他に印象に残ったプロは
ウクライナのアクロバット ミミック組。同じ人間とは思えなかった(笑)
しーちゃんのハーレム。ナハロさんとの共演、すんげぇかっこよかったです!ますます美しさに磨きがかかりましたな。観客へのアピールもうまくなってます。もうひとつのプロより、私ははこっちのほうが好きだ。
ボナリーさん。
ペト様。Fly me to the moon&カウボーイもどっちもよかったかな。カウボーイの方が楽しくて好み。お腹がメタボ気味(苦笑)だけど、あんなふうに滑れるなんてやっぱり天才なんでしょうか。
あ、ジョニーをよろしくお願いします(笑)。
デンスタ。椅子、ボール(バランスボール?)を使った個性的なプロ。あんなノリノリなプロは見ていて楽しい。マキシムがボールをドリブルwしたり、椅子をびよーーーん(意味不明)としてて面白かった。
あ、もうちょっと絞ろうね(爆)さらに増・・・(以下略)
れなちゃんず。言葉はいりまへん。うっとり
アニぺーのフラメンコ(!)。これをLiveで観られて感激しました。
ナハロさん&アニシナさんのトランプ(←この説明なんとかならんか/爆)すごくかっこよかった!!

オープニング&エンディングで印象に残ったこと。

●エアリアルのサンチェス君が・・・麗しかった。
パフォーマンスしている時のあのイキイキとした表情に
透き通るように白くてしなやかなボディラインといい、そしてあのキュートな笑顔といい、どことなく誰かさんとかぶる。(笑)

●ボナリーさん、今でも現役(アマ)で十分いけるのでは?
引退して何年も経つけれど、あのバックフリップは健在だし、ジャンプもキレがあり、スケーティング技術もまったく衰えてない。
維持する為に相当の努力をされているんだろうなぁ。
コスチュームも好みだった。

●ステファンは無邪気な子どものように(笑)高速スピンをやってくれた。とびっきりのくしゃくしゃな笑顔で自分をアピールする、する。
可愛すぎだよ・・・(ばたっ

●しーちゃん&ステファンのあのハグと「設定」はもはや定番化?^^;

●千秋楽のOPだけ、アニぺー&デンスタのペアが入れ替わっていた。
だから、ぺーゼラさんがアルベナさんを、マキシムがアニシナさんを...リフトしていた。妙に新鮮だった。
終わりにアルベナさんが東側の客席に向かって「べ~」っと舌を出していたので、故意にそうしたのか、偶然成り行きでそうなってしまったのかは不明。ちょいと照れ気味なアルベナさんが可愛かったです。

●千秋楽のフィナーレ終了後、観客が総立ちになり盛り上がりも最高潮となっている時。
スケーターの出入口付近でメンバーも名残惜しそうに『何かやる?』みたいな雰囲気になってた。
しーちゃん、ステファン、ボナリー、マキシム...と続き、さてお次はだぁれ?と観察していたら、猪木南里君が出てキター(笑)
よく見えなかったけど、誰かに押されてた?!(笑)
そして南里君は3A(お手つきあり)を飛んでおられましたわ。
あのメンバーで出て行くのは緊張したと思うが、物怖じしない彼の男気に乾杯!(古いって;)

●西側の最前列の人達が羨ましかった。ハイタッチしてたから。

●マキシムが相当なヤンチャだということがよーくわかった(爆)

●マキシムとステファンは仲良さそうだった。

●進行役の人と言っていいのか、執事のおじさま役と言っていいのかわからないが、白のもじゃもじゃなズラを被っていた人が、最後の最後になっても観客が帰ろうとしないので『モウオワリデス....モウオワリデス....』と片言の日本語で話していたのがウケタ。

●締めはやっぱりアントニオ・ナハロさん!もうエロイ以外の何ものでもなかった。素敵だー。



会場だったビーコンプラザは割と狭かった(小さかった)ように思うけど、観客には親切な作りでした。
段差はきちんと確保されており 新潟公演に行かれた方の話を聞いてたら こちらは良かったように思います。
席も埋まってたと思う。満員
ホワイエも開放感あって素敵。出店(笑)もけっこうあったし。モスがこんなとこにまで出張してきてるー(^O^)なんてどうでもいいことを思ってたし。(モス好きなんですよ、えぇ。)
席ですが、北側と南側のあの両脇のギャラリーを見てたら、元々はコンサートホールなんだろうか。
昼公演と千秋楽とも東側でした。

では反対にスケーター側から見たらどうなのかな。 やっぱり狭かったよね。 リンクが小さいから ステップやらジャンプやら控えめだったかと思うのは自分だけ?! 細かいミスもあったりしたけど、長旅の疲れも出ちゃったのかもしれない。それはわからんが…。
何はともあれ 別府まで遥々遠征してくれたCOIメンバーのみなさんをはじめ、COI関係者の方々、、、ありがとうございました。

僅かな時間でしたが ご一緒できた お二方(笑)にも感謝の気持ちでいっぱいです。
一応お店のことも書いとこっ。
3人でお会いした場所は、【茶房 信濃屋】さんでーす。古き良き時代の日本を感じさせる落ち着いた雰囲気のカフェでした。落ち着いた大人の女性の私達に合っていましたね♪(
カフェというか喫茶店かな?
ここのページで店の詳細を見ることができます。
blueさんは 冷やしうどん(でしたっけ?^^;)と、豆乳デザートを。
mimosaさんと私は だんご汁と、コーヒーゼリーぜんざいを注文しました。(写真?撮ってないです 笑)
美味しかったよねーーーーーーー
1時間ちょっとしかなかったけど、楽しい時間を共有できたこと、とても幸せに思います。

ありがとうございました
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。