-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-04 09:15 | カテゴリ:Johnny WEIR
師走です。
私は稼ぎ時です(笑)忙しいという理由は好きじゃないけど、ほんまに忙しいです(矛盾)。
あんまりネットする時間もないんだけど、今日は貴重な休みです。
朝っぱらから長文書いて(爆)、これから美容院に行ってきます。
その後は優雅にお一人様ランチでもしてこようかな。

今年の流行語は絶対に「そんなの関係ねぇ!」だと思ってたのに「どげんかせんといかん」と「ハニカミ王子」ですか・・・。ふうん。KY!(笑)

********


あ!ジョニー関連記事、今日で記念すべき100個目の記事だ!

100個目の記事がこれというのも…。
まっ、私らしいや



さてお勉強(^^)
今まであまり理解してなかった(爆)...うわべだけでなんとなく理解していたつもりのプロトコルの採点結果の見方。
ジョニーの二連覇をきっかけに、より深く知りたいとの強い思いから、ここ数日の間(正確には11/27から)、独学()で勉強していた。

知れば知るほど・・・奥が深いですねぇ…。
これをすべて理解できたら、よりフィギュアスケートが面白くなるだろうなぁ。

何せ資料がA4サイズ27ページ分もあります これでもシニア男子のみですよー。これだけでもマスターするのは大変なのに、アイスダンス、ペア、女子もとなると、全てをマスターするには何年かかるんでしょうか。しょぼん。

頭に入れては復習を繰り返していますが、それでも結果は
『んー・・・なんとなく解りましたー。テヘ』程度ですな、まだ。
まぁたったの何日間だけの勉強じゃ理解できるはずないわな。これを続けないと。
[ 継続は力なり ]これですね~。ジョニーの為ならやれる。 
今まで、ジョニーの表面的なものしか見てなかったけど(例:「きれーい。美しい」)、内側の深い所まで解りたくなった。
表面的なものとは、ジョニーのスケーティングを見て、感動したり、涙したり、要は一喜一憂ですね。
それが、今期にかけてきたジョニーを見ているうちに、私ももっと頑張んないとって思った。
「欲」が出てきた(爆)。 ファンとしてのね。。。

以下↓素人の戯言






一番ややこしいのは、各要素の基礎点の暗記…
つーか、これ丸ごと暗記している人っているの?

ジャンプも[ 1T ]から[ 4A ]まで20種以上…。
スピンも一口にスピンと言っても、[フライング]、[キャメル]、[シット]、[レイバック](女子)などあるでしょう。
それに加えて、[コンビネーションスピン]もある。
ステップだって、[ストレートライン]、[サーキュラー]とある。
ねえ、[サーペンタインステップ]ってなんじゃらほい?!(爆)初耳...

すべての基礎点の暗記は当分無理…(断言)
暫くは、この資料片手にプロトコルとにらめっこが続きます。

試合結果はリザルトを見ればほぼ解るけど
ジャンプ、スピン、ステップなどのPG構成は、プロトコルを見たほうが詳細に解りますね。


基礎点(Base Value)に対して、ジャッジの評価(Judge Panel)がどれだけ付くか。(加点されるか減点されるか)
そしてGOEの評価が決定し、最終的なその要素のスコアが出てくるというわけですね。*1
その[ GOE ]ですが、演技の質を演技点に置き換えて、最高評価と最低評価を除外した残りを合算し、採点者の人数で頭割りした平均数値という意味は解ったので、CoCのジョニーのプロトコルで試算したけれど、何度やってもここの記載されている「1.20」にならないのですが…。
私の計算ミス? 認識不足? どなたか親切な方、教えてくださると嬉しいです。

話を戻します。*1
加点減点されずに「0」ならもちろん基礎点のみだけど。
それはいくらなんでも知ってた(笑)。あとリザルトの見方と、FPは後半にジャンプを持ってくると(成功させると)基礎点が1.1倍なること、ディダクションの意味も(爆)。

評価も<< 3 2 1 -1 -2 -3 >>とあるけれど、
すべて要素の難易度によって、ポイントも異なりますから、ややこしいことこのうえないです。覚えられない...くやしい。

CoCとCoRのジョニーのプロトコルを見比べてます。
中杯はジャンプの加点が目立ちますね。スピン&ステップはロ杯のほうがいいね。スピンはほぼレベル4もらってるけど、これは出やすいのだろうか。
ステップも確実に上げてきている。目指せ!!allレベル4!!(爆) こういうとこで点稼がなきゃ(鬼)。

ロ杯ではジャンプ2つ目の[ 3A ]がダウングレードされてる為、基礎点が「3.5」となっていますが、これ[ 3A ]跳んでたら、基礎点合計だけで70点以上いくじゃないですか。(まぁすべて成功させたことを前提で)
中杯の基礎合計点は、67.28点。チームジョニー(笑)は色々と対策を練っているんだね。
特筆すべきことはロ杯での[ 3Lz-2T-2Lo ]ですね。これは感動のサプライズだった(笑)。
確実に中杯よりステップアップしている。点数を少しでも稼ぐために(泣)
そういうことが私は嬉しい。

クアドについてですが。
資料のジャンプの配点表を見てたら、ある意味賭けだと思ったの。
[ 4T ]だと9点。後半に持ってくると9.9点。
でもジョニーが構成してくるとしたら恐らく前半だろうから、それで考えるとどうだろうねぇ。
成功したら大拍手だけど、仮に着氷(^^;)したとしても回転不足と見なされ、なおかつ減点評価されちゃ痛いよね。
前半に4つ入れているジャンプを、後半に1つでも多く持ってくるのもいいかなと思うけど。他選手のプロトコル見てると、やはりポイントが1.1倍になるからか後半に4つ以上構成してる人が多い。
ジョニーは体力的にどうかな。厳しいとも思う。悩悩悩
だったら確実に跳べるジャンプコンビネーションを持ってきたほうが良い気もします。それこそ3-3や3-2-2とかね。
無理して4T-2T(10.30)入れるより、3A-3T(11.50)を跳んだほうが点数高いんだよね。

よくわからないけど(ぉぃ)、
クアドを入れる必要はないと思う。
いかに取りこぼしをなくすか、
質の良いジャンプを加点もらえるぐらいにクリーンに跳ぶか、
そっちのほうが今は大事な気がする。
ステップも強化できる余地があると思うしね。

もし跳んできたら??
そりゃ感激するでしょう。跳べても失敗しても…。
気持ちを買う。

跳んでくる時はジョニーが120%自信がついた時だろうな。
気持ちに迷いがあるならば跳ばないほうが良い。
迷いがあると乱れてうまくいかないよ。


ジョニーは自分のことはさておき、人の期待に応えたい!こう見せたい!こう見せなきゃ!と、思うあまり、自らを追い詰め、悩んだりすることがあるから、そこが心配。(現にCoRではそんな空気を感じた)
だから完璧を求めすぎるのは酷かなと思った。

クアドはそれなりにリスクも伴うし。

フリーを完璧に滑りきってくれたことだけでも、私、感動してますから(笑)


クアドなしの優勝は、後々言われるのかもしれない。

でも現時点では、クアドなしでも優勝できるってことを証明してくれた。
…うん。
それは他の選手の皆さんがジャンプの調整がうまくいかなかった理由も考えられるけど、ジョニーは実力で勝ったんだよ。


しかし、今期のジョニーはいい顔をしてる!!

可愛い~とかっていう見た目じゃなくて。
内面から湧き出ているものが表情に出ている。

成長したんだな。というのがうかがえるわ。

すごくすごくすごくすごくすごーーーく!!

感慨もひとしおでございます。



-------
段々と見方を理解しだすと面白い。
真面目にデスクに向かって勉強するのは何年ぶりだろうか・・・(苦笑)
熱したらとことんやるほうなので♪ 
ハマったら一途よ(爆)


-------
のろのろ書いてたらジョニージャーナルがUP。
ざざっと読んだだけですが
『 +The Quad+ 』の所で思わず目が留まった。

…うん。ジョニー。
私の思いは間違っていなかったようだ。


では
秘密

トラックバックURL
→http://gracefully.blog33.fc2.com/tb.php/523-112cf318
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。