-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-22 19:25 | カテゴリ:映画
原題「Flightplan
【監督】ロベルト・シュヴェンケ
【出演】ジョディ・フォスター ショーン・ビーン
    ピーター・サースガード エリカ・クリステンセン 他
【2005/アメリカ】
【ストーリー】
航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、突然の夫の死によって、6歳の娘ジュリアと共に帰国の途に向かっていた。
「ベルリン発ニューヨーク行き」
高度1万メートルの上空で、ジュリアはカイルが寝ている間に忽然と姿を消した。
しかし、乗客はおろか乗務員の誰一人として、ジュリアが機内に存在していたことを認めない。娘を必死に機内を探すカイル。その時、乗務員は彼女に恐るべき“真実”を告げる。
…娘はどこに?!

******************
先行上映での鑑賞。
******************
以降ネタバレしまくり↓





・・・・・なんじゃこりゃ~(`・д・´)

不完全燃焼!!の一言に尽きる。

脚本、無理ありすぎっ!
なんでそうなるの?もしカイル母娘がそのジェット機に乗ってなかったら?(計画やめたのか?)
ああ…見事に予想を裏切られました。なんか全てが強引でした。
あとあと考えてみても矛盾だらけなんですよねぇ。
前半は「フォーガットン」っぽく、
中盤は「パニックルーム」っぽく、
後半はアクション全開?(汗)

愛するショーン・ビーンも「んんん???」って感じの役だったし。
なんであそこで すぐ金を振り込むかなぁ?んー…。理解に苦しむ。
もっと重要(?)ポストかと思ってたけど、これまた予想ハズレ_| ̄|○

制服姿が素敵~♪(*´Д`)ハァハァってことは置いといて~^^;

これなら「スタンドアップ」2回目を観たほうがよかったなぁ。
ジョディの鬼気迫る演技は十分伝わってきましたけど。
でも3年前の「パニックルーム」から『密室』ばかりに籠もってるけれど(笑)次回はまったく違うジャンルの作品に出てほしいな~(希望)

「9・11」のテロを意識してるのか、アラブ人への差別的?と思えるシーンがありましたが、、この辺は根深いですね。
ラスト・・・一言詫び入れろよ~。。と思ったのは私だけかしら?

こりゃDVDで十分だと思います。

オフィシャルサイト

秘密

トラックバックURL
→http://gracefully.blog33.fc2.com/tb.php/55-fcf0d023
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。