-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-09 20:47 | カテゴリ:映画雑談
 ◆「沈まぬ太陽」の公式サイトがオープン。

 アップロードファイルhttp://shizumanu-taiyo.jp/

私はこの原作5巻を読破しています。
映画化の話が出たのは、もう3年前になるんですね。
そういえばその当時、ブログで心情を書いたよなって思い出して、読み返してみた。

 アップロードファイルhttp://gracefully.blog33.fc2.com/blog-entry-165.html

書いたの自分なのに、笑っちゃったよ

コメント欄も含め、 今より強気ですねぇ・・・爆 

そして完全に贔屓目!(笑) 浩市さま大好きなんだもん。

で、主役の恩地の予想は、外れてるしね。ははは...
しかも “そろそろ譲れよ”(←おい)的な人が主役の恩地さんになってるよ。みやび残念!!

やっぱり語学が堪能な謙さんになったのですね。文句ありません。
謙さんに期待します。

主人公を裏切る行天役には三浦友和さん。 (浩市さまの事務所の先輩。笑)
これはハマってるかも!

当時の日記読むと、2時間の尺であれだけの内容を詰め込むのは無理があるでしょーって書いてたけど、実際は3時間20分(!)になるそうだ。
映画化にあたっては、某航空会社からの反発があったらしいですね。まぁ無理もないけど。
原作者の山崎先生は『映像化なしには死ねない』と言い放ったそうですし、公開するまでは決して平坦な道ではなかったんだろうと察します。

原作を基にした映画って、先に本を読むか、映画を観た後に本を読み始めるか、議論になります。
私は後者のほうです。先に原作を読むと、本の世界で自分のイメージがつくられてしまうんですね。
当然原作本のほうが、こと細かく書かれてるわけですし。
イメージが出来上がってる状態で、映画化のキャスティングを知り、一喜一憂する。そして、映画を観て、またあれこれ言ってしまう。 「なんで端折ったの?あのシーンは必須だろ~」とか。
これは仕方のないことですが・・・。

最近でいうと、『天使と悪魔』 これも先に読んでたんです…。
(原作を)知らないで観に行ってたら普通に愉しめていたと思うんです。映画としては前作の「ダ・ヴィンチ~」よりもいい仕上がりだったと思いました。
けど、原作を知ってるから、なんだかなー物足りなさを感じました。 ユアン・・・(泣)

↑私は後者のほうです。と言っておきながら、先に読んでんじゃん。爆
でもね、それと『沈まぬ太陽』ぐらいよ。たぶん(笑)
『沈まぬ~』は、まさか映画化されるなんて思っていなかった。読破したのは4年前くらい。
日 航機 墜 落事 故について関心を持っていたころでした。

それにしても近年、山崎先生の本はドラマ化、映画化されることが多いですね。
今秋からフジ系でも唐沢さん主演で『不毛地帯』やるそうですし…半年間だっけ?

公開は10月24日。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。