-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-21 00:48 | カテゴリ:TV
このCMが流れると、じっくり見入ってしまう。
それは朝日新聞の『ジャーナリスト宣言。』である。

以下のコピーにすごく考えさせられた。

『言葉は

感情的で、

残酷で、
 
ときに無力だ。

それでも

私たちは信じている、
 
言葉のチカラを。


ジャーナリスト宣言。

朝日新聞

最後の2行はどうでもいいとして…
重みのある「ことば」 だと思った。まさにその通りだと思う。
9・11のテロや、災害、巨大掲示板(言葉の暴力が書かれている)などをバックにこのコピーがナレーションされています。


このCMを見て最初に思い浮かんだこと。
特に…ネット社会になったこの世の中、文字だけで会話する事が多くなった。相手の顔も知らないのに文字だけで・・。
簡単(気軽)なようで実際はこわいと思う。
相手が見えないからこそ、「ことば」には十分気をつけて書かなければならない。そう思う。(実際自分はどうかと聞かれると自信ない)
実際会話する時と違って、文字だけというのは好き勝手書ける。
書き手が“そう書いたつもりはない”と思っても、読み手からすれば“そう(悪い方に)受け取る”ことも多々あるだろうし。
それが恨みつらみへと変わり、「ことば」での暴力に繋がることもあるんだろう。
ニュースでも取り上げられることが多くなった、この手の事件。
ブログでもそう。
ネットに繋がってさえすれば、世界中のどこからでもアクセスできる。
誰が読んでも不思議ではないですしね。
ま、マイナスな面だけではないですが・・。
「ことば」によって読み手がプラスになれたり、Happyになれたりする。
そういう面で 言葉のチカラ って大きいと理解できます。
ということで、自分自身も気をつけようと改めて思い知らされたのでした。
秘密

トラックバックURL
→http://gracefully.blog33.fc2.com/tb.php/77-13efc821
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。