-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-24 10:51 | カテゴリ:フィギュアスケート
~ トリノ五輪 フィギュアスケート女子・フリー ~

余韻に浸りまくってたら、思うことってうまく言葉にできないね。。。
でも書かないわけにはいかない。…ま~たダラダラと感想を書き留めてみる。

 荒川 静香(日本)♪『トゥーランドット』

  サーシャ・コーエン(アメリカ)♪『ロミオ&ジュリエット』

  イリーナ・スルツカヤ(ロシア)♪『Mario Takes a Walk ルンバ フラメンコ』


4位  村主 章枝(日本)♪『ピアノ協奏曲第2番』

15位  安藤 美姫(日本)♪『蝶々夫人』


もう荒川・・泣かせるわ~。SPに続いてフリーも ブラボーーーーー!!!!言葉にならん。選曲大正解!“誰も寝てはならぬ”その通りだぁぁ!
曲の中で一番盛り上がる所で、キタよキタ… イナ・バウアーが!^0^ 
イナから続く3回転-2回転-2回転。涙腺が最高潮に緩んだ瞬間でした。
彼女は優雅と気品が漂ってますね。彼女が表彰台の真ん中一番高いとこに立った時、同じ日本人として誇りに思いました。久しぶりに聴いた(笑)『君が代』・・よかったですね~。
コーエンスルツカヤも見る限り、今日は顔が強張っていました。緊張していたんでしょうね、やっぱり。コーエンはウォーミングアップの時もジャンプのタイミングが合ってなかったり、他選手とぶつかったりして(大丈夫かいな)って思ってた。案の定 本番で最初のトリプルルッツから計2回ほどの転倒。でもそれ以後は引きずることなく、盛り返してましたが。さすがだと思うよ。
スルツカヤまでもが転倒。ありえない結果となっちゃって本人、悔しそう。表彰式のとき、スルツカヤは観客に手を振ってなかったよね。今にも泣きそうな顔してた。。 ああ、ソルトレーク五輪の時の光景が思い出される( ´Д⊂ヽ
村主・・・・・。゜(゚´Д`゚)゜。ウワァァァン
点数、どう見ても低いんですけどぉ。厳しい。終わった後のインタビューで「やるだけのことはやったので満足しています」と言いながらも、泣いていた村主選手。複雑だろうなー。悔しいだろうなー。インタビュアーさん、泣かせるような質問すんじゃないよ。でも私(だけでなく、みんな)はSPもフリーも感動しましたよ。ありがとう!
安藤 よく頑張りました。おつかれ。4年後、精神的にもひと回り大きくなったあなたを見るのを楽しみにしてます。
SPの演技で私の目を見張った、ゲデバニシビリ(グルジア)。フリーでは不本意に終わっちゃったけど、まだ16歳!16であの色気ですかっ!いずれ、真央ちゃんのライバルになるのかな。アメリカのキミー・マイズナーもね。たのしみ、たのしみ。

オリンピックという最高の大舞台でメダルを獲得するというのは
本当に実力だけではない。人一倍の精神力と、運 にもよるんですよね。
本当にそう思った。そういう面でも荒川選手が郡を抜いていたということ。トリノの神様?リンクの神様?フィギュアの神様?は、
荒川選手に微笑んだのですね(゚ー゚☆キラッ
スタンディングオべーションが物語っていたと思います。

もう終わるのね。。さみし。(ボソッ

秘密

トラックバックURL
→http://gracefully.blog33.fc2.com/tb.php/80-f033eea6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。