-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-15 18:01 | カテゴリ:映画雑談
なんちゅうタイトルかい。 .......オトコザカリ( ̄ー ̄)ニヤリ

いつも読んでいる「シネマトゥデイ (旧FLIX) 」
面白い記事があったのでご紹介。


2006-08-31 17:20 | カテゴリ:映画雑談
この時期映画館に行くと、「マイアミ・バイス」の予告を必ずといっていいほど流しています。
CMでもやってますね。
すっごく楽しみです、これ。
潜入捜査官ですよ!!
しかも音楽がかなりいい!曲の使い方がいいのかわかんないけど、スタイリッシュ!かっこいい!
予告編で流れてるあれです。
調べてみるとサントラには収録されてないようですねぇ。残念!
即買いするぞ!っと意気込んでいたのに。
動画があったから聴いてみて~♪

(公式サイトのトレーラーでも聴けるけどね)

潜入捜査官音楽が◎ときたら血が騒ぐのも無理はない(笑)

ヤヴァイ・・
コリン・ファレルに惚れそう(笑)
いや、もともと嫌いではないが。
なんで評判がよろしくないのかがわからん。プライベートネタでsage sageモードなんだろうけど、そんなのどうでもいいし…。


9月2日(土)よりロードショー
公式サイト:http://www.miami-vice.jp/
2006-08-18 20:41 | カテゴリ:映画雑談
オリジナルの「インファナル・アフェア」の大大大大…ファンな私。
ハリウッドでリメイクされると知ってから、ちょっぴり不安でした。
だってあの独特な香港臭さをハリウッドが出せないだろうと思ってたわけ。
で、予告編がいつの間にかできていたので(英語)見たわけだが…。

工エェェ(´Д`)ェェエ工
なんですか?これ。
期待してなかった、というかまったく別物だと思って見ればいいと思ってたから別にひどく落ち込んで(?)ないけれど、ちょっとひどすぎやしませんか。
音楽・・・いただけない・・・イケてない・・・( ゚Д゚)ポカーン
アイリッシュ系?というかウエスタン系?カントリー調?
オリジナルは音楽もいいのよ。音楽がまず重要なのに。

しかもラブシーン多すぎ(笑)
オリジナルは「男」中心で、そういうシーンは皆無に近かったぞ。(「Ⅲ」はまぁ・・置いといて 笑)
なんか安っぽいと感じるのは私だけ?
それともこんな風に感じるのは、オリジナルを崇拝wしている私だけだろうか。

トニー・レオンの哀愁漂う男臭さを、ディカプリオが演じるのは厳しいわな。
というか主役のふたり、若すぎるよー。

全米では10月公開。日本では来年陽春の公開予定。
2006-06-17 17:08 | カテゴリ:映画雑談
◆「沈まぬ太陽」 山崎豊子著

映画化は不可能だと思っていたのだが…。
ホリエモンが拘置所内で読んでひどく感銘を受け、釈放後に御巣鷹山に登られた…ということがニュースで話題となったあれです。

実は私もこれは読破しているんですよね。珍しいことに。
政官財の癒着・利権を暴き出した社会派の問題作です!

今は主人公となる恩地のキャスティング中だという。
佐藤浩市、真田広之、織田裕二などの大物の名前が挙がっているそうだ。
絶対、佐藤浩市で!!!
浩市さんご贔屓というのもありますが、私が原作を読んでイメージしたのは浩市さんなんですよね。彼、「クライマーズ・ハイ」でも主人公を演じられていたし・・・。
それか上川隆也。
最終的には英語が堪能で長期ロケが可能な方に決まるそうです。

全5巻なのだが映画化については第3巻となる「御巣鷹山篇」だそう…。ここだけをクローズアップするのはなんだかなぁ・・・。
「アフリカ篇」「会長室篇」はスルー? んな馬鹿な・・・。
日航機墜落事故だけを追うのでなくて、それに関わる航空会社を取り巻く実態を明らかにしてほしいというのが本音である。
会社体制の問題もこの小説では重要だと私は思う。
でもあれだけの濃い内容を高々2時間ちょっとの映画におさめるのは不可能かもしれない。中身のない、重要な箇所を飛ばし飛ばしされるよりはマシかな?とも思えたりする。
2008年8月ロードショーを目指しているという。
山崎さんの作品は映像化されるものが多いですね。
「白い巨塔」しかり「不毛地帯」しかり「大地の子」しかり「華麗なる一族」しかり・・・。
どうなるか不安だがこの先の情報を待っていよう。

◆「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー著

ドラマ化は7月29日9時PMにフジ系で放送されることが既に決まっているが、映画化にもなるそうでこれまたびっくり!
注目の“ボク”にはオダギリジョー!いいんでない?!
“オカン”に樹木希林、“オトン”に小林薫。
脚本は「イン・ザ・プール」の松尾スズキ。

ちなみにドラマ版は“ボク”に大泉洋、“オカン”に田中裕子(←(・∀・)イイ)、“オトン”に蟹江敬三、“ボク”の子供時代に神木隆之介(←(・∀・)イイ)。
これも運良いことに(?)読んでいます。その時の記事はこちら→
公開は2007年GWだそうです。

2006-06-17 16:59 | カテゴリ:映画雑談
映画サイトを徘徊していたらこんなものが目に入った。
その名も【第15回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭】
何ともストレートなネーミングに多少なりとも戸惑ったのだが…(汗)。
7月8日~18日まで開催されているそうで、もしDOIのチケットが取れたらアイスショーを観に行くついでに表参道まで足を延ばせるかな~と思っていたけど、チケットが取れてもいない上、私の観たい「男生女相」は7月9日ということで日程が無理だ・・・。
“第15回”ということは毎年開催されていたんだね。知らなかった。
映画祭についての詳細は→

2006-06-07 20:28 | カテゴリ:映画雑談
20060607201241
友達から映画のチケットをもらいました。
オペラ映画「椿姫-La Traviata-」
普通の映画館ではなく、自治体の大きいホールでの上映である。
一枚しかないチケットをなぜ友人は譲ってくれたのか…。
「興味ないの。みやびは好きそうだし、観たいと思ってる人に観て貰わないと嫌だから」だと。
さすが我が友(笑)物怖じしない性質。
だけどねー私もオペラ映画なんてそんなに数観てませんよ…。
興味ないことはないのでとりあえず観に行こっと。Thanks友!
帝王ヴェルディの最高傑作を完全映画化!椿の花を涙で濡らし、いまオペラ史上最高のラブストーリーが花開く
と謳ってあるのが気になる。
それから…
恋は<遊び>と信じていました。あなたと会うまでは―
なんてそそられるフレーズ(^^ゞ

■作曲…ジュゼッペ・ヴェルディ
■監督…フランコ・ゼッフィレッリ
■原作…アレクサンドル・デュマ・フィス
■歌手…ヴィオレッタ/ テレサ・ストラータス(ソプラノ)
      アルフレード/プラシド・ドミンゴ(テノール)
      ジェルモン/コーネル・マクニール(バリトン)
■指揮…ジェイムズ・レヴァイン
■演奏…メトロポリタン歌劇場管弦楽団
■合唱…メトロポリタン歌劇場合唱団
■主なアリア
「乾杯の歌」「ああ、そは彼の人か」「花から花へ」
「過ぎ去った日々」「パリを離れて」

なんだか書いてる途中から楽しみになってきた。
食わず嫌いはいけないからねぇ。
2006-05-19 09:39 | カテゴリ:映画雑談
明日から世界同時公開の「ダ・ヴィンチ・コード」。
原作は 敢えて 読んでいない私ですが、
色々と(メディア等で)情報をとっていると、少しばかりの知識を持っていかないと少々難しいということを知りました。
キリスト教の冒涜とかって複雑で沢山の暗号が出てくるので、確かに予備知識は必要かも…と不安になってきました。

そこで調べていたら
明日公開に併せてTVで特番が放送されるそうです。

20日フジテレビ系 21:00~22:54 
『 “ダ・ヴィンチ・コード”ミステリースペシャル 
天才ダ・ヴィンチ最大の謎と秘密の暗号』

http://www.fujitv.co.jp/index.html


こちらのサイトでは立ち読みできます。
けっこうハマります。

メディアや映画サイトでは色々と評されているのが気になりますが…(苦笑)
原作を読んでいる方にとっては思うところがあるようですね。
でも未読の方は純粋に謎解きを愉しめるとのこと・・。
さて録画予約をば!
2006-05-18 20:47 | カテゴリ:映画雑談
二コール・キッドマンが再婚へ
Nicole♪

お相手はかねてから噂のあったカントリー歌手、キース・アーバン
ソースは http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060517-00000162-jij-ent
2006-03-12 22:39 | カテゴリ:映画雑談
映画サイト巡りをしていたら、こんな笑える画像を発見。

ジェイク・ギレンホール、ご存知ですか?
えぇ、公開を控えている「ブロークバック・マウンテン」に出演している若手俳優のカレです。キルスティン・ダンストの元カレですね。
その後、チャン・ツィイーにベタ惚れ(勝手に)したとの報道がありましたが、つい最近アカデミー賞前にキーラ・ナイトレイとのデートが目撃されたそうですね。(だから何?)

で、本題です(やっとかよ
2006-03-08 10:06 | カテゴリ:映画雑談
【◎】本命!
【○】観る
【△】びみょ~
【×】見送り

タイトルからリンクしています。

~3月11日公開~
イーオン・フラックス
【○】あちこちで酷評が目立つので随分迷ったんだけど、とりあえず自分の眼で確認してくるw シャーリーズだし。
エミリー・ローズ
【△】 →【○】
真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
【○】ふふっ。子どもの頃よく見てたんですよ^^;

~3月18日公開~
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(吹替版)
【○】久々ヒットしそう。
南極物語(吹替版)
【△】DVDで良いかな、とも。
マインドハンター
【○】今見たいジャンル。ここの所社会派ばかりが続いてるから。レニー・ハーリン監督、懐かしい。
ヒストリー・オブ・バイオレンス
【◎】とにかく観たい!!エド・ハリスとか渋い面々ズラリ!(はぁと
SPIRIT スピリット
【×】

~3月25日公開~
サウンド・オブ・サンダー
【△】

上映中の「ホテルルワンダ」のノルマもある~。
早く観たくてしょうがない「ブロークバック・マウンテン」はここらでは4月1日公開だが、
ちょっと都会まで足を伸ばせば3月18日から観られるので行っちゃうかも。。予定。

劇場で観たいのに上映されないもの(´・ω・`) 【公開日順不同】
マンダレイ(ドッグヴィルの続編)
ステップ!ステップ!ステップ!
アメリカ、家族のいる風景
いずれもちょいと足を延ばせば観られるのですが・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。